私が影響を受けた(と言うか今も受けている)アニメは日本橋ヨヲコ君の『女児ファイト』だ。

2006年から連載を開始し今も続刊の場合のアニメですが、とにかくの場合僕が執念深いアニメだ。
種目はいわゆるスポ根になるのですが、実は戦争描写は最小のみでヒロインたちの不満などの内面描写や対話、それによる訓練などを描くのがの場合心だ。
最初の方はメイン人公の大石練が過去のトラウマやそれに伴う不満でやや鬱な拡張が続きますが、3巻界隈から徐々に内面的な訓練が思え始めてしまう。
そうして自分の物悲しい部分と向き合い、味方や幼馴染、演出、コーチ、他校のライバルに助けられながら人間みたいに成長して行く陰には肝ったまを取れる半面、「自分はこれでいいのか」という外圧も受けます。

そして、こういうアニメはとにかく金言が多いです。
例えば、
「特別な人間なんていねーんだよ。そいつのやってきたことが特別なだけです」
「どうにもならない以外人の気持ちは諦めて、どうにかなる自分の気持ちだけでも変えませんか。少しずつで好ましいんで」
「以外人の人気で確信を作ると、それが消えた機会どうしようもなく揺らぐ。だから楽しめ。自分を信用するために。諸君は好きなものを誰の力不足にもするな。正しく狂え」
等、これらは時点説明がなくても頷けるものだけ選びましたが、他にも1話に一度は金言・名ときが起きるくらいだ。
さらにこんな金言は確かで、作品者から読者への熱い言伝が感じられます。
人によっては説教っぽい、押しつけがましいと感じるかもしれませんが、ヒロインの内面描写や人間的訓練を確かめるのが好きな人には喜べると思います。

ぼくには、恋人がいます。といっても、私の心のの場合の条件は全員満たしていません。あんな心のの場合の条件を全員忘れた内に、恋人が見えてきました。といいますのは、あたし、思いがけなく不本意ながら、カラダを壊してしまって、通院となってしまって、それも複数のお医者ちゃんに診てもらうことになってしまって、こんな人間がよろしい、こうした人間がいいと、かつてのように言えなくなったからだ。我慢して仕事をしてしまったならば、診察結果が悪化してしまいました。私の耳は、音の良い乏しいによっては、聞こえていないらしきのです。低い音は聞こえていないらしいのですが、日頃から男子の人間とくちゃくちゃと話しながら、正午ご飯を食べていません。ある程度ご年配の女性で、声の清潔と言うか分かる感じのよろしい人間と話しながら食べています。
昨年の春、外界からのストレス、会社のストレスによりさらに診察結果は悪化してしまいました。とても悔しい期待があります。男子の人間に対する完全を与えるところではなくなりました。通院の耐久になりました。通院と共存やれる職務を探し出すことになりました。下を向いているときに、滑らかな用心をした所見が聞こえました。低いすぎない恋人の所見は聞こえました。